読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨音を聴きながら

@kaorun_kaorun7のブログです

から紅の恋歌 感想 ※ネタバレはないです

こんにちは、かおるです。

 

見たかった、『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』観に行ってきました。

 

この映画を観たかった理由としては、

 

京都・服部メイン・百人一首

 

という僕が好きな要素が事前情報から伝わってきて、観るしかないと感じていたからです。

 

同様の理由から歴代映画の中では迷宮の十字路が一番好きです。

 

普段はコナンの映画を映画館で観るなんてことはしないんですけどね。

 

いつもはTVで流してくれるのを待つくらいです。

 

ということで、観に行くタイミングをうかがっていたわけなんですが、今日は観たい気が最高潮に達したので先ほど行ってまいりました。

 

平日の夜ということもあり、お客さんも少なく、席は周りに誰もいない真ん中のかなり良いところを確保できて、珍しく奮発して買ったポップコーンを食べながら優雅に鑑賞をしておりました。

 

ということで本編が始まるのを心待ちに予告から見ていたわけなんですが、一つ心惹かれるものがありまして。

 

今年のポケットモンスター

 

ちょうど世代だからという気もするのですが、今回のポケモンの映画は間違いなく感動するだろうなと。

 

ポケ勢でありながらアニポケもほとんど見ていないし、ポケモンの映画も子どもの時期以来全く行く気すら起きていなかった僕なのですが今回の映画は予告からビビビっとしびれる何かを感じました。(かおるに効果は抜群だ!)

 

まだ先なのでなんとも言えませんがこちらも気が乗ったら行くことになるでしょう。

 

ということでポケモンの映画に感動したところで、本編が始まったわけなのですが、これはもう素晴らしいと。

 

内容については何も書きませんが、僕個人の感想としては期待以上でしたね。

 

主要登場人物にそんな設定あったんかいと突っ込んだり、アクションを見ながらふぇーとなりながら非常に楽しんできました。

 

一時期ニコ動のアニメランキングの上位に出てきてた、コナンの吹き替えをしてる動画知ってる人いますかね?(確か今は消えてしまっているはずですが)

 

あれを思い出して吹きそうになったりもしました。

 

そしてED曲。

 

十字路同様京都映画で倉木麻衣採用とか本当良いなと。

 

ということで家に帰ってすぐに、『渡月橋 ~君 想ふ~』をiTunesで購入し、聞きながらこの記事を書いているわけです。

 

はあ…良かった。

 

京都は大好きで旅行で何度も行っているのですが、紅葉の時期に行ったことは今までないので、今年の秋は京都旅行に行きたいと強く思いました。