読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨音を聴きながら

@kaorun_kaorun7のブログです

S16シングルレート構築(最高レート2191)(最終レート2065)(escape rain)

 

こんにちは、かおるです。

 

S16で使った構築の紹介記事になります。

 

 

結果としましては、最終日の夜に2200チャレンジに1回到達したものの、失敗してしまい、その後2100台を数時間うろうろしていましたが、2200チャレンジまでもう一度到達することは叶わずといった感じでした。

 

ですが、僕が好きな雨パとその並びでここまで戦えたことは楽しかったですし、思い出として構築を残しておこうと思います。

 

【パーティ紹介】

今回使った並びはこちらになります。

f:id:kaorupoke:20160719110611p:plain

 

以前にも僕が使っていた下記のパーティ記事と並びは一緒ですが、型を少し工夫したことで現環境に適応して、かなり戦いやすくなったのかなと思います。

 

参考

第32回シングル厨のつどい第三位構築(トノグドラ+ガルーラ) - 雨音を聴きながら

S15パーティ紹介 - 雨音を聴きながら

 

今シーズンも納得のいく結果というわけではないですが、レート上位でも善戦できていたため、まだまだ雨パとこの並びには可能性があると感じさせてくれました。

 

今回使ったパーティの型については、@denson_rainy(でんそん)と@chuck_poke(チャック)の雨強者両二名の意見やアドバイスがあり、それが今回良いところまで戦えた大きな要因になったと思います。

おそらく僕の以前のままの型ではここまで戦えていなかったでしょう。

実際に最終1週間前まではずっと1800台で停滞していて、型を変えた1週間前から急にレートが伸び出したのでそういうことなんだと思いました。

改めてこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

 

では、各個体の紹介に入ります。

 

【個体紹介】

 

ニョロトノ@脱出ボタン

性格:ずぶとい

特性:あめふらし

実数値:197(252)-x-132(196)-111(4)-127(52)-91(4)

技:ねっとう・アンコール・ほろびのうた・まもる

 

いつもの子です。

長い間一緒に戦ってきたかわいい子。

シングルレート環境で唯一使える特性あめふらし

絶対無二の存在です。

この子がいなかったら雨パの存在はなかったと考えると偉大すぎるカエルです。

ゲッコウガになんて負けるな。

お前がカエル界NO1だよ。

 

この調整の意図はD方面がリザYのソラビ確定耐え、サザンのメガネりゅうせい最高乱数以外耐え、残りBに振ることによって、大抵の攻撃を1回耐えて脱出することが出来て、2回雨を降らすことを目的としています。

 

 

キングドラ@こだわりメガネ

性格:ひかえめ

特性:すいすい

実数値:171(164)-x-116(4)-161(252)-116(4)-116(84)

技:ハイドロポンプなみのりりゅうせいぐんりゅうのはどう

 

ニョロトノと同じくいつもの子。

このパーティの絶対的エース。

エースは常に試合に出る必要はなく、ベンチにいるだけでチームが安心する。

選出率なんて関係ない。

雨が刺さってる相手には積極的に出して、雨パの強さを体感しましょう。

最終日ドロポンをめっちゃ当ててくれる自覚は本当にすごかった。

 

調性はS方面がいじっぱりスカーフガブリアス抜き。

Hをかなり厚くしたことによりガルーラ入りに出していけるようにしたという、当時はとても画期的だった型で、今やキングドラの主流の調整になったのではないでしょうか。(この調整の考案はチャックさん)

D方面もここまでHに厚く振るとなかなか耐えてくれて、特に耐久ボルトの十万2耐えが出来るのはかなり強みだと思います。

 

 

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:いじっぱり

特性:きもったま→おやこあい

実数値:197(132)-191(228)-135(116)-x-101(4)-124(28) ※メガシンカ

技:グロウパンチ・ひみつのちから・かみくだく・ふいうち

 

こちらも努力値はいつもの子。

 B方面に厚くしたグロウひみつガルーラ。

耐久にはかなりの信頼がおけます。

アタッカーのくせにこんなに固いとかもはや化け物。

ひみつのちからという技は運勝ち・運負けの量産機ですね。

負け試合を3割で拾ってくれたり、勝ちを手繰り寄せる素晴らしい技だと思います。

何よりゴツメを気にしない非接触が強い。

 

かみくだくの枠は長くほのおのパンチを採用していたのですが、後述のモロバレルと相性が良いかみくだくと言う技をマッチングからナットレイが消えた2000~使い始めたところかなり刺さっていました。

モロバレルのところでかみくだくの意図は書きます。

(このかみくだく採用案はでんそんさんからいただきました)

 

 

ガブリアスきあいのタスキ

性格:いじっぱり

特性:さめはだ

実数値:183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)

技構成:げきりん・じしん・がんせきふうじ・つるぎのまい

 

いつもの子。

タスキガブはいじっぱりが強い。

(この性格の考案はかおる)

正直いじっぱりかようきかは択だと思っています。

特に今シーズンは最速ガルーラに上から冷Bを何回も撃たれたのでつらかったと言えばつらかったです。

耐久ポケモンを崩すのにようきでは足りない部分があり、いじっぱりを採用していました。

 

 

ファイアローゴツゴツメット

性格:ようき

特性:はやてのつばさ

実数値:175(172)-101-122(244)-x-89-173(92)

技構成:ブレイブバード・おにび・ちょうはつ・はねやすめ

 

以前と今回大きく変わった点1つ目。

ゴツメアローの採用です。

以前使っていたHDアローと比較すると、ファイアローの選出率は大きく上がったので正解だったのかなと思います。

主にバシャーモに対する牽制とガルガブの並びや耐久ポケモンをちょうはつおにびで崩せたり、マンダと初手対面させて上からおにびなど(からげんきはないものとする)、このパーティで重いところに対する役割は多かったです。

この並びではゴツメはモロバレルという先入観に自分でもとらわれていたため、使ってみるまでは正直不安でしたが、なるほどありだなという印象を受けました。

(ゴツメファイアローの採用案はでんそんさんからいただきました)

 

 

モロバレルきれいなぬけがら

性格:ずぶとい

特性:さいせいりょく

実数値:221(252)-x-134(252)-105-101(4)-50

技:ギガドレイン・イカサマ・ヘドロばくだん・キノコのほうし

 

以前と今回大きく変わった点 2つ目。

きれいなぬけがらモロバレル

ニョロトノの脱出ボタンと合わせて構築名escape rainの名前の由来。

初手のメガゲンガーに対する解答。

特に以前のこのパーティできつかったほろびゲンガーやおにびゲンガーに対して、ほうしで眠らせてから引いてアドを取ることが出来る。

一例としては、初手ほろび・ほうし、(ほろび2ターン)二手目寝ている・イカサマ(ほろび2ターン)、三手目寝ているorみがわりなど・交代ガルーラ(ほろび1ターン)

のような展開で交代先にグロウかひみつを入れる。

その後にガルーラと1:1を取りに来るゲンガーに対して交代読みを含めた安定技として先述したかみくだくが刺さります。

文字で伝わりにくい部分はあるのですが、メガゲンガーモロバレルがキャッチされて負けだった対戦をぬけがらにしたことで逆にアドを取り返すことが出来たりしたと感じました。

ただし、依然としてモロバレルが接触技を受ける場面は多く、特に相手にゲンガーがいない時などは持ち物なしと同様となってしまうので、ゴツメがほしくなる場面も多かったです。

また、CSメガゲンガーに初手みがわり・ほうし、へどばくと撃たれた場合は確定2発でバレルが落ちてしまうため安定しているというわけではありません。

CSでなくとも、みがわりでほうしをすかされた後にシャドボでDダウンを引いたり、みがわり催眠などもあり、決してこれでメガゲンの完璧な対策になっているというわけではないのですが、以前のキャッチ即負けという状況をなくせることに意味があると思っています。

技についてはナットレイがいなくなったと感じてからめざめるパワー炎からヘドロばくだんに変更しました。

(ぬけがらバレルの採用案についてはチャックさんからいただきました)

 

また、モロバレル努力値についてはHB252よりもこちらにある個体の方が強いと思いますので、新たに育成する方はこちらの記事のものをおすすめします。

【ORAS】Re:モロバレル - 雨宿り脱し隊

 

 

【総括】

このパーティで2200に乗せれなかったことは非常に悔しかったのですが最終日までレートを楽しむことができてとても良かったと感じました。

 

このパーティには非常に愛着を持っていて、まだまだ型の変更の余地はあると思っているので次のシーズンでさらに改良出来ていければと思っています。

 

この記事を見て雨パに興味を持ってくれる方が出てくれると嬉しいです。 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

質問はツイッター@kaorun_kaorun7までよろしくお願いします。