読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨音を聴きながら

@kaorun_kaorun7のブログです

【大富豪】貧民の立ち回りについて【ネタ記事】

こんにちは、かおるです。

 

ポケモンというゲームが第六世代に入り、ゲームバランスの崩壊から多くの方がポケモン離れを起こしているとお考えの方もいるかもしれない今日この頃ですが、ポケモンよりも大変ゲームバランスのとれた大富豪の記事です。

 

早速本題へ

 

タイトル通り、貧民の立ち回りについてですが、貧民を引いてしまったときに考える優先度はこれが最善だと思います。

 

Ⅰ.大貧民のアシストが狙える位置かどうか(※下克上ありの場合)

Ⅱ.富豪並びに平民を目指す

Ⅲ.最低限順位のキープ

 

なんといっても最優先でするべきはⅠです。

自分の次の順番が大貧民である場合、かつ、大貧民の初手階段が通り大貧民の手札が少なくなった場合などはアシストに徹する安定です。

アシストを成功させると、こちらは富豪という位置に次ゲームなることが出来るわけですが、この富豪という位置が絶妙で、一番順位をキープしやすい位置かつ、ポイント差や手札状況を見て、自分の意志で大富豪をとりにいくことができるベストポジションだと僕は考えます。

通常のあがりで貧民から富豪になれることはまれであり、下克上は順位の入れ替わりという特性上、前ゲームと合わせて全員のポイントの±が0になることも考えると狙うべき1択だと思います。

 

ただし、大貧民が初手Qで2消しなどを行った場合は、大貧民側が上がる意志を持ち合わせてなく、大富豪の都落ちを狙っていると判断してアシストはあきらめましょう。

もしくは、順番的にアシストが不可能であったり、自分の手札がある程度の強さをもっていて、自力で上がれる可能性が高い場合や、アシストを狙っていたとしても、大貧民の前に大富豪が上がってしまった、富豪などがあまりに強く早い段階で都落ちが発生した場合、などはⅡやⅢに移行しなければいけません。

 

ⅡやⅢについては、難しいことではなく、貧民はカードの入れ替えが1枚というところから、さほど悪い手札にはなりにくいです。

平民よりも強い手札がきていることも多々あります。

そういった場合には積極的にリスクを抑えて終盤戦に備えましょうといった具合になります。

具体的にはKやAを終盤まで残して手持ちのエースとして活用する(Aだけにね)や、Qを残しておき相手の手札を読み切って妨害するなどがあげられます。

 

先にも書きましたが、都落ちの可能性、手札のある程度の保証がある貧民ポジで今よりも順位が下がることは考えにくいので、アシストが出来ない場合はいかにして大貧民より早く上がるかを考えて立ち回れば問題ないと思います。

そうすれば、都落ちが起きた場合は最低でも平民になれるわけで、次ゲームにチャンスを持ち越せば良いと言う考えになります。

 

以上をまとめると、貧民はアシストを最優先に狙い、それが出来ない場合は、出来るだけリスクのある勝負を避けて安定志向で平民を狙いに行く(最低でも貧民キープ)立ち回りになるのかなと個人的には思いました。

 

以上となります。

 

 

何かありましたら@kaorun_kaorun7までかコメントを。

その際は必ず日本語でお願いします。 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

なぜ書いたのかは自分でもよく分かっていない。