読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨音を聴きながら

@kaorun_kaorun7のブログです

【大富豪】大貧民の立ち回りについて【ネタ記事】

 

こんにちは、かおるです。

 

今回はタイトルの通りポケモンとは全く関係のない大富豪についての記事です。

興味がないという方はここでブラウザバックをお願いします。

(自分でもなぜこれを書こうと思ったのか・・・)

 

大貧民の時のプレイングについて感じることがありましたので、以下の3点について記してみたいと思います。

Ⅰ.開始時にすべきこと

Ⅱ.Qの使い方

Ⅲ.カードの残し方

(当初は上の予定だったが書いてて疲れたのでⅠのみで)

 

Ⅰ.開始時にすべきこと

ここではカードが配られてから、最初にカードを出すまでに何をすべきかを記します。

前提として大貧民になってしまったあなたがするべきことは、このラウンドで大貧民をいかに抜け出すかという一点になります。

大富豪オンラインにおいて大貧民はポイントが-2ポイントに加え、手札の数値の高いカードを2枚大富豪に献上し、大富豪の余計なカードが2枚手札に加わると言うディスアドを余儀なくされます。

特に-2ポイントというのは大きく、5ラウンド~10ラウンド制で行われる対戦の場合、大貧民を連続で引いてしまうとポイントで他の4者に大きく離されすぐにラス争いになってしまうことが想定されます。

ただし、強いカード2枚を大富豪にとられているため、自力で勝とうと思ってもよほど手札で運勝ちをしていないと出来るものではありません。

 

では、はじめに戻ります。

大貧民を脱出するために開始時にすべきことは何かというと、

順番を確認すること

特に自分の直前と直後にカードを出す人の順位をしっかり確認しておくこと、これがプレイングに大きな影響を与えます。

(ルールとして、都落ち、下克上ありを想定しています)

具体的に見てみましょう。

 

(ケース1)

自分の直前が大富豪、直後が富豪の場合

これは、直前が大富豪であることによって手札のカードの消費がしやすく、富豪への差し込みも狙える良いポジションだと考えます。

大富豪というのは都落ちというルールがある以上、自分の力で1位を狙いにいくしかないポジションであり、積極的に手番(カードを切って自分の手札から好きなカードを出せる状態)をとりにいかなくてはなりません。

そのため、大富豪が手番を取った後に出てきやすい、弱いカードのペアやどうしてもどこかで消費しなければならないJを利用して自分の手札を消費するチャンスが多いポジションにいます。

加えて、大貧民が序盤でカードを消費することができた場合、最後の手札が7or8or10+弱いカードとなることが多いと思いますが、大富豪が上がった後に出てきやすい弱いカードやJを7or8or10で拾って順番勝ちを狙えたりもできます。

大富豪がラストに強いカードで上がった場合にもカードが流れることで自分の手番がくることも考えられ、大富豪の直後の大貧民は比較的優位大貧民であると考えられます。

さらに、今回の想定では直後が富豪ということもあり、自然な形で富豪への差し込みが出来ることも多く、都落ちも起きやすいと考えられます。

ただし、中盤においては強力なカードが大富豪や富豪から乱発する関係上、なかなカードを出すことは出来ないと考えられるので、序盤のうちにカードを消費して、残り二枚のテンパイ(先に書いた7or8or10で上がれる状態)を作っておくことで大富豪が上がった後の順番勝ちや富豪へのアシストによる都落ちを狙うのが大事になるのではないかと思います。

 

(ケース2)

 直前が貧民、直後が平民の場合

これは、必然的に大富豪と富豪が並んでいる構築ですので、中盤戦においては前後がパス連打になりやすく、終盤での戦いに備えることが必要な並びに見えます。

ただし、ポイントにおいて貧民と大貧民が-を背負っている場合や貧民のポイント争いの相手が大富豪や富豪である場合には貧民からのアシストによる下克上を狙えるポジションでもあります。

まずは、前者の終盤に備えることが必要については、手札のダブルを消費せずにとっておき、終盤のダブルが切れたタイミングで8で手番をとり、ダブル連打から上がりを目指すようなプレイングが例としてあげられます。

他には大富豪がQでQを消したときを想定し、AやKあたりを終盤まで温存し、平民、貧民との戦いに備えるなどのプレイングも必要になってきます。 AやKについてはQで消される可能性も高いので、手番を取れる状況であれば序盤に思い切って出していくのも択ではあります。

後者の貧民からのアシストを狙う場合では、通話やチャットなどでその意思をはっきり貧民側にアピールしましょう。

「今ポイントを考えると~」や「あれ?この並びはアシスト安定じゃない?」などの言葉がよく使われる傾向にあります。

プレイングにおいては積極的に手番を狙っていき、序盤にどんどんカードを消費して手番を積極的にとりにいくこと。とはいえ、一人の力で上がりきることはほぼ出来ないので、これにより貧民に「私はあなたのアシストを期待している」アピールをすることができます。

貧民はその無謀な攻めを見て「あなたは死なないわ、私が守るもの」と感じて、手番をとって弱いカードで大貧民のアシストをしてくれるはずです。

感情論でうったえるのではなく、ポイント差や今後の展開を見て論理的にそのアシストが貧民側にとっても理があることを分かってもらえれば、アシストはしてもらえるはずです。

大富豪が強すぎた場合など、大貧民の序盤元気となって失敗してしまう場合もありますが、その時は「大富豪はトップを目指すゲームだから」と言って次頑張りましょう。

 

 

ぱっと終わらせるつもりの記事が妙に長くなり始めたのでこの辺で。